排卵日前後は避ける|我慢汁でも妊娠する?避妊をしてないセックスは危険

我慢汁でも妊娠する?避妊をしてないセックスは危険

頭を抱える女性

排卵日前後は避ける

景色を眺める女性

妊娠することを避けたい場合、避妊具にばかり気をとられていてはいけません。
セックスをするタイミングも重要で、排卵日前後を避けることでもかなり妊娠する確率を下げることができますよ。

排卵とは、子どもを作るために必要な生理現象で、だいたい28日に1度のペースで排卵します。
排卵している日を排卵日というのですが、基本的に次の生理予定日から14日前を排卵日として計算することが多いです。
また、排卵日は体温が低下することを利用し、女性の体温チェックによって排卵日を確認することも可能です。
排卵日3日前から排卵日の翌日までが最も妊娠する確率の高い日です。
そのため、排卵日を予測し、この妊娠しやすい期間を避けてセックスをすることでも避妊成功率は格段に上がるのです。

コンドームも低用量ピルも優秀な避妊具ですが、どちらも絶対に避妊してくれるとは断言できません。
どれだけ正しく使用したとしても、妊娠してしまう可能性もあるのです。
そのため、セックスするタイミングもしっかり考え、より万全の状態で妊娠を回避させましょう。

また、万が一妊娠してしまったときのことを考え、事前にアフターピルを用意しておくのもオススメです。
アフターピルは性行為後72時間以内に服用することで避妊効果を発揮してくれる避妊薬です。
こちらも低用量ピル同様、高い避妊効果を持っていますし、1度の服用で効果を発揮してくれるので、毎日飲み続ける必要はありません。
しかし、アフターピルは緊急避妊薬として開発されたものですので、常にアフターピルに頼って避妊をしないセックスを楽しむのはやめましょう。