低用量ピルでの避妊|我慢汁でも妊娠する?避妊をしてないセックスは危険

我慢汁でも妊娠する?避妊をしてないセックスは危険

頭を抱える女性

低用量ピルでの避妊

考える女性

避妊具として開発されているのは、何もコンドームだけではありません。
コンドームよりも安全に、そしてより確実に避妊してくれると言われているのが低用量ピルです。
低用量ピルは避妊薬の一種で、女性が28日間毎日服用を続けることで、ほぼ100%に近い確率で避妊してくれるのです。
低用量ピルには女性ホルモンが含まれており、服用することで体内のホルモンバランスを変化させます。
これにより、排卵を起こさせなくするほか、着床を防いだり、精子が子宮に侵入するのを防いでくれるのです。
体内から有効成分を吸収して効果を発揮する医薬品ですので、ほとんど失敗することがありません。
これならたとえゴム無しでのセックスをして我慢汁が膣内に漏れてしまっても、妊娠するリスクは限りなく0に近くなるでしょう。
どうしてもゴム無しでセックスしたいという方にはオススメです。
コンドームは男性が着用する道具ですので、男性に着用を頑なに拒まれてしまう可能性もありますが、低用量ピルは女性が服用することで効果を発揮するため、女性の意思だけで使用できるというのも大きなメリットです。
妊娠を望む場合は服用をやめれば、数週間でまた妊娠できる状態に戻るので安心してください。

しかし、いくら避妊してくれる確率が高い低用量ピルとはいえ、正しく服用しなければいけません。
特に1相性ピルと3相性ピルの違いには注意しましょう。
高い避妊効果を発揮してくれる点は同じですが、服用方法に違いがあるため、必ず用法用量を確認したうえで正しく利用するようにしましょう。